末永く利用することのできる霊園を選ぶ時のポイントをご紹介

遺骨

永代供養や生前契約など霊園選びは様々です

御霊前

ここ数年、生前に自分のお墓や霊園を探しておく方々が増加し続けています。以前はお墓は代々受け継いでいくものと考えられていました。しかし日本では核家族化や少子化が進んでいるため、先祖代々のお墓ではなく自分のお墓は自分で探す、といった方が多くなっているのです。
そこで人気となっているのが、お墓の管理に手間がかからない霊園です。現在では利用者の様々なニーズに応えるべく、永代供養や墓じまいのサービスに対応する霊園墓地が続々と出てきています。

霊園墓地選びのポイントとしては、まずは費用の総額がどれだけかかるかということです。はじめの納骨代だけでよいところもあれば、年間管理料がかかる代わりに手厚い管理サービスをしてくれる霊園もあります。
また一定期間が経過したら合祀して永代供養してくれる霊園もあれば、合祀しない個別の区画を販売している霊園もあります。
またお墓の形態も従来のものの他に、樹木葬や屋内の納骨堂など、様々なタイプの霊園が誕生しています。

このように霊園選びでは、費用や納骨方法で様々な違いがあります。生前にあらかじめ契約してもらえる霊園もたくさんあります。
元気なうちにお墓や霊園をあらかじめ探しておくと、自分も家族も安心できます。自分に合った霊園をじっくり考えて選んでおくことが大切です。

information

post list